トップページ > 日和佐八幡神社創祀七百年祭

日和佐八幡神社創祀七百年祭

歴史を後世に残す

◆平成三十年日和佐八幡神社創祀七百年祭趣意書

 日和佐八幡神社は千三百年ごろの創祀といわれ、主祭神誉田別命様が御鎮座されてより七百年は過ぎているものと 推測されております。

 

 現在の当社の社殿は明治四十一(一九〇八)年に大遷宮されており、既に百年余りの歴史を刻んでおります。 百余年の本殿に付随する瑞亀閣、膳殿(炊事場)、倉庫兼便所も傷んでおり、さらには秋季例大祭で幸行する 御神輿においては激しく傷みが進んでおり、例大祭の度に御神輿の飾りが欠落する状態であり、直ちに修繕を しなければならないことから、次のとおり事業を計画しているところです。

 地方においては、今なお厳しい経済情勢ではありますが、七百余年の歴史を誇り、盛大な大祭を斎行する伝 統文化を後世に永く伝えるためにも何卒ご理解ご協力を賜りたく衷心よりお願い申し上げます。


◆七百年祭計画概要

一.事業内容
  ・七百年祭の斎行(平成三十年九月吉日)
  ・御神輿の大修繕(平成二十六年九月完成)※平成二六年九月十五日完成奉告祭斎行済
  ・瑞亀閣、膳殿(炊事場)の修繕(未定)
  ・倉庫兼便所の建替(未定)

二.募財目標金額
  総額 金弐千万円
   ◎内訳
     ・御神輿及び御神輿納屋の修繕     金 六百万円
     ・瑞亀閣、膳殿(炊事場)の修繕  金 壱千万円
     ・倉庫兼便所の建替         金 四百万円
    ※既に(参百三拾万円の積立及び寄付金有)

三.募財期間
  自 平成二十五年十一月一日から
  至 平成三十年八月三十一日まで

四.募財詳細
 本事業の趣旨にご賛同下さる皆様のご奉賛を謹んでお願い申し上げます。
 • 一口…二千円とさせて頂きますが、是非とも複数口のご協力の程お願いいたします。また、口数に拘らず五千円 、壱万円もしくはそれ以上のご協力を頂ければ幸いです。
 • ご寄付頂きました方のご芳名につきましては、当社境内及びホームページにて掲示させて頂きます。


◆御神輿の大修繕経過報告

改修前神輿写真


改修前神輿写真
完成奉告祭
●改修前の御神輿 ●完成奉告祭(平成二十六年九月十五日斎行)
 金メッキや漆が剥げてきており、又青い汚れがひどい状態となっている。   平成二十六年八月三十一日に完成しました。

◆ご奉納について

 奉納金は日和佐八幡神社にて受け付けております。直接持参していただく・現金書留・ゆうちょ銀行振込など 適当な方法でお納めください。ゆうちょ銀行でお振込みをする場合の払込取扱票が必要な方は、 問い合わせフォームにて お名前・ご住所・七百年祭奉賛についての旨をご記入の上ご連絡下さい。
 ゆうちょ銀行振込をご希望の方は下記までお振り込みください。


 ◎寄付金先
   日和佐八幡神社 宮司 永本 金二
    〒779-2304 徳島県海部郡美波町日和佐浦370-1
    電話/ファクシミリ:0884-77-2474
    E-mail:info@hiwasahachiman.com<(@を小文字にして下さい)


  ※寄付申込書(PDFファイル)を印刷の上ご使用下さい。  ゆうちょ銀行振込をご希望の方は下記までお振り込みください。


ゆうちょ銀行
振込情報


平成二十六年六月一日

  日和佐八幡神社 宮司 永本 金二
  日和佐八幡神社 総代会長 櫨山 准一
  日和佐八幡神社 総代会一同
  日和佐八幡神社創祀七百年祭 実行委員長 大城 一樹