トップページ > 神社年中行事 > 七五三詣

年中行事

学業成就を祈願して

■梅花祭(境内社:天神社)

梅花祭写真

 梅花祭は、天神社の御祭神である菅原道真公が菅原道真公が903年(延喜3)、 太宰府で亡くなった日である二月二十五日に斎行するお祭りで、生前の道真公が梅の花をめで たのにちなんでいます。


 道真公が生前優れた学者・詩人であったことから、後に天神は学問の神として現在は信仰されるようになってます。


 当社境内社である天神社も菅原道真公をお祀りしており、毎年二月二十五日には、梅花祭を斎行し、町内の童子らの 学業成就・身体健康等を祈願しています。





◆梅花祭

 日時…毎年二月二十五日 午前十一時~

 場所…境内社天神社


◆書写奉納展示

梅花祭展示写真

 この梅花祭に併せて、毎年小部書道教室、日和佐中学校一年生の皆様の ご協力で書写を奉納していただいており、奉納して頂きました作品を天神社前の境内に展示しています。


 また、作品展には阿波銀行・四国電力・徳島銀行の各企業様にご協賛していただいています。


 ◎展示場所 天神社そば境内


 ◎期間 梅花祭前後一週間程度