トップページ > ちょうさ(太鼓屋台)について > 東町

日和佐八幡神社ちょうさ

平成28年度 七番太鼓 東町

東町ちょうさ

享和二年(1802年)に作られた記録があり、日和佐浦地区からなる浦三町の一地区です。

古くはせき船を所有していましたが、現在は残っていません。

昭和49年には町内ではじめて揃いの法被を新調し、観衆の注目をあびたそうです。

浦三町の中では軒数が最も多く、現在でも漁師町の雰囲気が残る活気ある地区です。

平成14年に二百周年を迎え、盛大に練り歩きました。

平成23年には、子どもみこしの法被を新調しています。

東町法被 東町こどもみこし
東町法被 東町子供みこし

平成二十八年度太鼓順