トップページ > ちょうさ(太鼓屋台)について > 本町

日和佐八幡神社ちょうさ

平成28年度 一番太鼓 本町

本町ちょうさ

天保九年(1838年)に作られた記録があり、8地区の中では最も小さな地区ですが、 古くは旧街道沿いで日和佐の中心街でありました。

少ない軒数で祭りに「ちょうさ」奉納運行していたことを考えると、当時の繁栄ぶりがうかがえます。

太鼓納屋には古い法被が残されておりますが、いつ頃の物か不明です。布団の骨組みも古い物と思われます。

平成二五年に神宮式年遷宮に併せて法被を新調しています。

本町法被
本町法被

平成二十八年度太鼓順