トップページ > 平成28年度行事案内 > 10月9日(日)

日和佐八幡神社秋まつり平成28年度行事案内

打子祓い

打子祓い

~太鼓を打つ子供たち

時間:AM10:00~

本祭りの開始を告げるのは、ちょうさの太鼓を叩く打子の子供たちを祓う儀式から始まります。

この打子が叩き鳴らす太鼓の音がちょうさの担ぎ手の律動を掻き立てます。

打子は小学生から高校生までとなっており、最近では女の子の打子も登場しています。

太鼓据祓い

太鼓据祓い

~本祭りを盛大に

時間:AM10:10頃

八台のちょうさと寺込地区のだんじり、ギャルみこし・子供みこしのお祓いを行います。

宿老・太鼓若連中・当家、氏子に禍事なく無事盛大にお祭りを打ち上げることができるように、宮司が一台ずつ お祓いを行います。

幼児祓い

幼児祓い

~健やかな成長を願って

時間:AM10:30頃

この一年間に生まれた幼児など、氏子の子供たちの健やかな成長を願って宮司がお祓いを行います。

お祓いが終りましたら、このあと大浜に設けたお旅所まで御神輿のお供としてお浜出でをします。

お祓いを受けられる幼児の方は、AM10:20頃に境内鳥居前にお集まり下さい。

みこし担ぎ祓い

みこし担ぎ祓い

~御霊を守る担ぎ手たち

時間:AM10:40頃

日和佐八幡神社の御霊を遷した御神輿を担ぐ、氏子青年会、各地区からの奉仕者をお祓いします。

御霊を載せた御神輿の担ぎ手は責任重大です。御神輿を落とすことなく無事お宮まで帰宮しなければなりません。

お浜出で

お浜出で

~お旅所まで豊漁・豊作・商売繁盛を祈願して

時間:AM10:50頃

御神輿を先頭に大浜海岸に設けたお旅所まで巡幸、練り歩きます。

一番太鼓から順番に八番太鼓までお旅所まで練り歩きます。

ここからが日和佐の祭りの真骨頂です。多くのアマチュアカメラマンもこの勇壮な男たちの姿を撮りにきています。

宮入り

お入り

~この祭りの名残を惜しむ

時間:PM1:30頃

いよいよこのお祭りの終わりが近づいてきます。

お旅所からお宮へ帰宮します。先頭の御神輿から始まり、一番太鼓から順番にちょうさも宮入りします。

八番太鼓が自分の町の太鼓納屋にちょうさを置いた時点でこの年のお祭りが終ります。

毎年八番太鼓のちょうさには、このお祭りが終るのを惜しんで他の地区の若連中が担ぎに集まり、色とりどりの法被 で飾られます。

手打ち式

手打ち式

~目出度く解散

時間:PM6:30頃

この手打ち式で2日間の秋祭りが終ります。

総代会長の挨拶、一番太鼓責任者による三本締め、万歳三唱で祭りを締めます。

このページの先頭に戻る