トップページ > 日和佐八幡神社由緒

日和佐八幡神社由緒

日和佐八幡神社

日和佐八幡神社写真

御祭神

主神…誉田別命(応神天皇)

母神…息長足姫命(神功皇后)

妻神…玉依姫命(神武天皇の御母后)


御神徳

安産・交通安全・家内安全・無病息災・学業成就


本殿

木造流造り,銅版一文字葺間口約4m・奥行2.5m


社殿

木造,入母屋造り,唐破風付き瓦葺間口約10m・奥行7.8m


境内社

天神社・蛭子神社・加茂神社・淡島神社・道祖神社・護国神社

由緒

 天平六年(1351年)の創祀といわれ、もと八幡宮と称した。「阿波誌」に「八幡祠日和射浦にあり。観応二年(1351年)置く。」とあり。 「四河内大小神社神体控」(薬王寺所蔵)に「惣社八幡大菩薩、日和佐浦村、観応二年、当院(薬王寺)に遷宮仕り奉りし古き棟札の控あり。 玉殿三宇、神体九体、祭神、仲哀天皇・応神天皇・神功皇后。」とある。(注 正平は南朝、観応は北朝の元号。)

 四国霊場第二十四番札所最御崎寺、及び東京上野の国立博物館に所蔵の円卓に「歳次、干時、康暦元年(1379年)五月日巳未、 阿波国海部郡日和佐、八幡宮、願主、神主、玄勝」と刻す。「海部郡取調廻在録」は「日和佐村。此の村は和名抄に出たる 和射郷名ならんか。されば連続せる村しみしるし侍る。まづ日和佐は四河内と唱へ牟岐七ヶ村と唱ふ。其余には阿部浦。由岐浦里。 木岐浦里なり。これらを往古は和射と唱へしものなるはなほ海部郡名阿部などの考は別冊とてさし上まつり候。神社八幡大神宮、 祭祀、神功皇后・応神天皇・玉依姫命。観応二年の棟札流失と伝ふ〈永正十七年棟札写し〉奉造営日和佐八幡大神宮御社壇上棟永正七庚辰年。 大願主松島五郎左衛門永真、源重弘、源真弘、源義家、弥次郎。神主 八郎、鍛冶六郎右衛門 大工 清原広家、氏郎右衛門と録す。 「海部郡誌」には「日和佐は往古和射郷の中心であった地で、式内和耶(射)神社ではないか。」と。なお当神社には永正十七年(1520年)の 棟札を所蔵している。

 例祭には、大神輿の渡御があり、戎町、東町、桜町など町内各地から八台の「ちょうさ」(勇み太鼓)が練り、海亀の産卵で有名な 大浜海岸に出てはやしたてる光景は、南国的な明朗で豪快な県内一のスケールの大きな祭りとなっている。