トップページ > 平成28年度行事案内 > 10月8日(土)

日和佐八幡神社秋まつり平成28年度行事案内

秋祭り式典

式典

~厳かな雰囲気の中で一年の感謝を

時間:AM7:30~

日和佐八幡神社秋季例大祭は、当社本殿及び拝殿で行う式典から始まります。

美波町長をはじめ町内の各種団体の長、神社総代、太鼓若連中一番・二番太鼓責任者、氏子青年会、氏子・崇敬者らが 参加し厳かな雰囲気の中で、一年の感謝を奉げます。

また、日和佐小学校5・6年生の女の子による浦安の舞いも奉納されます。

神輿町内巡航

神輿町内巡幸

~御神体が町内に

時間:AM9:00~AM11:00頃

日和佐八幡神社の御霊をお遷しした神輿が町内を巡幸し、日和佐八幡神社の御神徳を氏子の皆様に。

氏子青年会、各地区の氏子の皆様に御奉仕をしていただきます。また、神輿を道案内する天狗役の奉仕者は、 このお祭りの2日間は「猿田彦命」の神さんになっていただきます。

ちょうさ町廻り

ちょうさ(太鼓屋台)町廻り

~ちょうさが町内を練り歩く

時間:正午~PM6:00頃

正午の花火を合図に八台のちょうさが各地区の当家・公民館から出発し、町内を廻りお宮に向かいます。

各家々では、御花を用意して各ちょうさにお渡しします。ちょうさは御花を頂いたお礼に「さーせぇ」を行います。 ちょうさが行う「さーせぇ」の太鼓と担ぎ手の声の音霊でその家の一年の穢れを禊祓います。

5地区では、子供みこしもちょうさのお供として町廻りを行います。またギャルみこしは、一番太鼓の町廻りにお供します。

豊栄の舞

豊栄の舞

~小さな巫女さんの豊栄の舞

時間:PM6:30~

小学生中学年の巫女さんによる豊栄の舞を奉納します。

毎年、6月頃から練習に励みこの日を迎えます。

宵宮だけでなく、午前9時からのみこし町内巡航の出発の際にも豊栄の舞で日和佐八幡神社の御神体を御見送りします。

浦安の舞

浦安の舞

~浦安舞=平和を祈る心の舞

時間:PM6:40~

小学生高学年の巫女さんによる浦安の舞です。

日本の国の平和を祈る舞であり、宵宮だけでなく、早朝に行われる式典においても奉納されます。

子供相撲奉納

子供相撲

~わんぱくちびっ子力士の力試し

時間:PM7:00~

幼児から小学生までが相撲を取り、びっくりして泣く子供から大人顔負けの熱戦など毎年元気一杯の姿を奉納して くれます。

その年の二番太鼓・三番太鼓の太鼓若連中が土俵の製作から相撲の進行を行います。

参加者は事前に申込等の必要はありません。PM6:50頃に境内にお集まり下さい。飛び入り大歓迎です!

奉納演芸

奉納演芸

~みんなで大いに楽しむ

時間:PM7:30~

毎年、その年の八番太鼓の若連中が趣を凝らして色々な催事を企画します。

平成二十七年度の演芸は、県南でも有名な町内の「うしお連」の阿波踊りや、子ども太鼓教室の祭り太鼓発表等で大いに楽しみました。

奉納花火 width=

奉納花火大会

~仕掛と打上が境内を照らす

時間:PM9:00~

宵宮のトリを飾る奉納花火大会。町内の多くの事業所等、有志の方から花火大会の寄付を頂いています。

特に、仕掛け花火が好評です。境内に仕掛けられた花火とちょうさ、さらには据え置かれたちょうさから打ち叩く 太鼓の音のコラボレーションは、何ともいえない雰囲気を醸し出します。

このページの先頭に戻る