トップページ > ちょうさ(太鼓屋台)について > 桜町

日和佐八幡神社ちょうさ

平成28年度 二番太鼓 桜町

桜町ちょうさ

昭和21年に西町から屋根太鼓(享和四年、1804年)を譲り受け八番太鼓として祭りに初参加、昭和22年には布団太鼓へ大改修しました。

西町にお礼として酒2升を渡したと伝えられており、現在でも恩を忘れず西町へ必ず「させ」に行きます。

同じく昭和22年10月には「桜町太鼓規約」を制定、また太鼓納屋建設のため、「太鼓小屋建立基金募集若連中演芸大会」を 開催した記録写真が残っています。

戦後厳しい時代の中で「ちょうさ」を奉納運行したいという、先人たちの祭りへの思い入れが感じられます。

現在軒数も多く最も賑わっている地区です。平成21年度には法被を新調しました。

桜町法被 桜町こどもみこし
桜町法被 桜町子供みこし

平成二十八年度太鼓順